低圧受電と高圧受電

低圧受電

電灯(100V)・動力(200V)の受電容量が合わせて50kWまでの供給の場合は、低圧受電となります。
(仮設(臨時)申込みの場合)

近年は、弾力供給という制度により電灯・動力おのおのが50kW未満でかつ合計100kW未満ならば受電可能です。

弊社でよく施工するブレーカ契約の容量は、下記の通りです。

よくある電灯・動力の組合わせ
電灯 動力 合計
20kW(100A) 26kW(75A) 46kW
15kW(75A) 35kW(100A) 50kW
25kW(125A) 21kW(60A) 46kW
6kW(30A) 43kW(125A) 49kW
弾力供給の電灯・動力組合わせ例
電灯 動力 合計
40kW(200A) 42kW(120A) 82kW
30kW(150A) 42kW(120A) 72kW
主開閉器と電灯・動力
電灯 ブレーカ 動力
4kW 3P20A 7kW
6kW 3P30A 10kW
8kW 3P40A 14kW
10kW 3P50A 17kW
12kW 3P60A 21kW
15kW 3P75A 26kW
20kW 3P100A 35kW
25kW 3P125A 43kW

高圧受電

100kW以上は、すべて高圧受電となります。
6000ボルトで受電しますので、変電所(キュービクル)の設置が必要となります。
また、電気料金は、基本料金部分が高額になります。
※従量部分(電力量料金)は、低圧よりも安価です。